• 2006/12
  • 2007-01 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2007/02
大漁
2007年01月15日(月) 22:20
最近、流行りの本「そうじ力」を買って読んだ。
そしたら、掃除がしたくなった。
ちょうど、運良く仕事もなくて日中も暇があることですしね。

年末の大掃除もやってなかった事だしね。
いい加減、ゴミ溜め人生ともオサラバしたいのでね。
片付けられない主婦化している自分に歯止めをかけたいのでね。

初日は大きいごみ袋4袋(紙関係と洋服関連)を大量に処分。
2日目は6袋(クローゼットの中の子供の頃の服などが中心)。
いや〜〜すっきりしましたわ。
クローゼットだけは。
だって布関係のごみ収集は、今週末までおあずけなんですの。
だから、大量のごみ袋たちとは部屋に積まれたままで数日を過ごさなければなりません。

それが済んだら・・・
これからさらに使い勝手の良い部屋に仕立てたろうと思います。

これで仕事の効率も上がるといいですなあ。
であい
2007年01月08日(月) 22:18
人との出会いって不思議だ。

人との関わりによって自分の人生の色あいが変わる。
その人の生き方や考え方や何かに影響されると、
自分の色に、出会った人の色が混ざる。

そうしてどんどん色が変化していく。
濁っていくのかもしれないし、
どんどん理想の、好きな色に近づくかもしれない。

ってことは、
自分の欲しい色をちゃんと見極めて選ぶべきってことかな。



自分が今まで進んできたながいながい道のり。

その道のりが、人との出会いでくいっと角度が変わったりもする。

角度が急に曲がったりもすれば、緩やかな変化かもしれない。
それによって、目指した目的地に近づくかもしれないし、
遠ざかるかもしれない。

がんこで人の意見を聞かない人は、
きっとその道のりの線がまっすぐなのかな。

でもって人に影響されやすい人は、
色んな方向にかくかく曲がりまくってるのかな。

でも、どっちが自分の目的地に近くなるのかは、
行ってみないとわからないんだろうな。



または、
人との出会いによって、自分の持ってるパレットに
どんどん色んな色が足されていくのかもしれない。

赤だけだったのが、黄色・緑・青・白・・・。
色が増えたら、表現の幅も広がるね。

自分の色も、誰かが喜んで貰ってくれると嬉しいね。



とっても不思議。

やっぱりであいは大切だな。
もり
2007年01月05日(金) 22:17
森美術館にいってきた。
ビル・ヴィオラというビデオアートの先駆者とな。
なんかなんとなく興味あったので、いってみた。

感想としては・・・
ひとつの映像作品が結構長いもの(30分とか)があったりして、やや疲れた。
そしてすぺての作品がスーパースローモーションの映像。
立ってじっと見るのには余程の集中力を要しますな。
さらにその日はあまり時間がなく、人も多くてやや混雑してて、
鑑賞に集中できにくい状況でした。
平日の日中とかから丸1日かけてじっくり見たほうがいいかもって感じでした。

でも、ところどころ良いなあと感じとれるものはあったので
自分的には良かったかなと思います。
でも、ちょっとレベルの高いような、
やや難しい感じのように見うけられました。
この作品の示したい意味は何だろう??
とかいって頭を使う必要のある作風かも。


この企画展を通して感じた事は・・・
わたしはもっと純粋にいいなあと思えるものを作りたいなあと感じました。

敷居の高いアートは作りたくない。
意味なんてどうでもいいや。
自分の作品が示すテーマとか、そんなものにとらわれず、
相手が感じ取ったものが答えでいいと思う。
私はそういう作品を作りたいとおもいます。

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog