• 2009/06
  • 2009-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2009/08
グループ展終了
2009年07月28日(火) 00:02
おかげさまで、1週間あったグループ展も無事に終了しました!


わざわざ足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました♪


初めての銀座での作品発表は・・・なかなか面白かったです。
ふいに来たちょっとセレブな感じのお客さんが、
ひょいと何点も絵を買っていく場面もちらほら。
(残念ながら売れたのは私でなく別の方の作品だったけど)

いいなぁ、なーんて思いつつ、自分の作品が売れた時の気持ちをイメージしつつ・・・
色々と勉強になりました。


やっぱり、作品は見せるだけでなく、売れることも大事。
この考え方は、最近やっとわかってきた事です。


以前の私は、「作品売るなんて絶対に考えられない!!」と思ってました。
なぜなら、作品は自分の大切な分身であり、子供のようなもの。

そんな大切な存在が、自分の手元を離れ、
お金と引き換えに得体の知れない人に持ってかれる。

一生懸命作った作品が、もしかしたら酷い扱いをされてるかも?
果たして本当に幸せに過ごしているかしら??

そんな事考えると、心配でいられない訳です。
まるで、愛娘を嫁にやりたくないと必死に拒む父親のような気分。



でも、最近は気づいちゃいました。



私の作品が、お金を出してまで欲しいと思ってくれる人がいるって事が
どれだけありがたく、うれしい事か・・・って事に。



自分の作り出したものを必要としてくれる人がいてくれる。

自分の作品が、自分以外の誰かの、何かの、役に立っている。


そのほうが何百倍も幸せだってこと。
作家冥利に尽きるってこと。


少しでも多くの人に見てもらうこと、
少しでも鑑賞者に何か感じ取ってもらうこと、
そしてプラスの影響を与えられること。


それが絵描きの本分だってこと。


そして、その作品と引き換えに頂いた清いお金が制作資金になる。
そして画材が買えて、作品ができて、また新しい作品が発表できる。

そうやって自分が作家として、また前に進んでいく。

そういう自然の食物連鎖みたいな流れを、
早く生み出せるようになりたいなぁ。


なんて気持ちが、ますます募りました。

それ以外にも、画廊で展示する時のコツとか、
オーナーさんに色々学ばせて頂きました!




この経験を踏まえ・・・




わたくし、来年この画廊で個展をする事に決めました!!!

決めちゃいました!!!!


なので、この1年はこのゴールを目指し、制作に励みたいと思います♪

皆様、今後ともよろしくお願い致します☆

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog