• 2010/04
  • 2010-05 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2010/06
すき
2010年05月29日(土) 19:43
これは2008年11月の作品。

大切な何かを抱きしめています。





誰かからの手紙かな。

思い出の写真かな。

それともアルバムかな。


なんだろうな。

何にしろ、すごく大切なんだろうな。

あう(たちき)
2010年05月29日(土) 19:36
これは2008年12月の作品。





「あう8(うん)」と同じイメージです。

包み込む方と、包み込まれる方。

どっちもきっとあったかくて、幸せです。

あう8(うん)
2010年05月29日(土) 19:32
この作品は、2009年3月にできました。

あたたかく包まれている心地よさのイメージ。




お母さんと子供かな。

男のひとと女のひとかな。


感じ取り方はそれぞれです。

あう5
2010年05月29日(土) 19:24
そういえば、昔の作品をアップするのを
忘れてたので、少しづつアップしていきますね。

この子は、2008年夏の作品。




できたきっかけは、お友達のねえさんが
赤ちゃんを出産したというので、
病院にお見舞いに行った時の出来事。

その姉さんが赤ちゃんを抱いている時の
表情を見たときにできたイメージです。

その姉さんはサバサバ系で、すごくしっかりした
イメージのある人でした。


そんな姉さんのはずなのに・・・
赤ちゃんを抱いている表情が・・・
あの、あの姉さんじゃない!!


もう、なんともいえない優しい表情で、
完全にお母さんの顔になってました。

衝撃でした。


その時の感動が、この作品のイメージの元です。

ああ、人間ってこんなにも変わるんだ。

命をさずかるって、こういう事なんだ。

こっちまで幸せな気分をお裾分けして貰いました。


この絵を見た人にも、その気分のお裾分け。

できたらいいな。

がおか
2010年05月29日(土) 15:06
こないだ、卒業した高校の近くに
寄る機会があったので、カメラ君を持って
ぶらっとお散歩にいってきた。

私の行ってた高校は丘の上。
久しぶりにあのドン坂(ローカル用語)をのぼるわけだ。
こりゃあなかなか覚悟がいるぜ。

今日は夏日で暑いので、坂のふもとで
お茶とアイスを買って、もしゃもしゃ食いながら
ちんたら坂をのぼる。

坂をのぼりきったら、やっと高校に到着。

高校の校庭に侵入し、グランドの横を歩いていたら、
野球部が試合をやっていた。




グランドの脇に並べられた靴たちが
絵になる感じだったので、激写。
この日は物凄く天気が良く、暑くて
日差しも強かったので、色が飛んじゃった。


そして高校の裏口を出て、さらに先へと進む。

そうなんです。

私の今日の目的は、実はもっと先に待っているのです。



私が本当に行きたかったのは、ここ。






ここなんです。

この丘の上に一本だけ立っている木。
この木に会いに来たんです。




わたしの大好きな木。





ここの公園は丘の上にあって
いちぱんてっぺんに、この木が1本だけたってます。


ここに来ると、遠くの方に海も見えます。




地平線の先のほうに、うっすらと青いのが見えるかな?

それが海です。

この木の傍で、景色を見たり、芝生でごろごろしたり。
風を浴びすぎて寒くなるまで、ひとしきり満喫します。


たまーにふと、この公園の
この木に会いに行きたくなります。

ここに来ると、ごちゃごちゃした気分が落ち着きます。

この日も家族連れや、おじさんや、
若者がぷらっと一人で来てました。

それぞれが、何をするでもなく、ぼーっと
この空気を感じている。

みんなの気持ちをリセットする場所なんだね。



Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog