• 2018/09
  • 2018-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018/11
たうえ
2009年05月03日(日) 16:47


静岡に行ってきました。

富士山を眼前にのぞみつつ、田植え体験してきました。
最高にいい天気でした♪

私的には「ついに・・・」であり「念願の!」田植えです。
前々から、やってみたくて仕方なかったんです。

なんでしょ?
たぶん、私の好きなフンデルトワッサーが提唱していた
「自然との共生」に繋がるからかなぁ。

ちょっと話を横道にそらして、フンデルトワッサーの紹介を
しますと・・・。

------------------------------------------------

私が一番好きなオーストリアの画家・フンデルトワッサーの言葉で

You are a guest of nature,behave.
(君は自然の客 お行儀良く)

というのがあるんですが、
彼はこの考え方をもとに、本気で「自然との共生」を
人生の中でやってのけたんです。

それは、自然を必要以上に伐採し、無機質な生活をする
現代人の行き方に真っ向から対立した考え方だと思います。
(今はやっとエコが流行ってきてますが)

彼の行き着いた生活方法は、尋常じゃないです。

家屋も作り、食料も自分で必要最低限を栽培し、
衣服も靴さえも自分でデザインして手作り。
水は雨水を蒸留するシステムを自分で考案したり、
海に排出させないトイレも開発しちゃったり。

環境問題を本気で考え、
自然をできるだけ壊すことなく、
自然の中の一部として生きた人です。

----------------------------------

その画家の考え方に、繋がるなぁ・・・と自分では思ってたわけです。
田植えが。

自然とはかけ離れた生活をしている自分が、
時給自足の生活をするための第一歩、って気分なんです。

だって、幼稚園のときに芋掘り体験しかした事ない自分ですから。
ワッサーの考え方を、少しでも実践してみたいなぁーと思ってたので、
田植え体験はその第一歩です。

ただ、泥まみれになってみたい!っていう願望もありますがね。



これは、田植え前のたんぼ。

泥に足を突っ込んだ感触は、最高でした。

やっぱ五感が刺激されると、生きてる!って感じがしますね。

こういう生活、大変そうだけど、やっぱいいなぁ〜と思いました。

栽培系はすこぶる苦手な私ですが、
これを機会に、プランター栽培から初めてみよう!と
改めて思いました。

きっとコツを掴んだら、うまく育てられるはず♪
ちょっと勉強して、やってみようと思いま〜す。

なにから栽培し始めようかなぁ・・・

誰か、何か既に栽培してる人いたら、アドバイス下さい☆
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://momoiroenogu.dtiblog.com/tb.php/51-7f0faee5

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog