• 2018/10
  • 2018-11 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/12
あなた
2009年10月25日(日) 21:50
映画「私のなかのあなた」を観た。

友人に誘われて行ったので、どんな内容なのか
全然知らずに観にいった。



感想は・・・



死ぬって、必ずしもマイナスじゃないんだなって事を
改めて感じた。


たとえ家族が、死んでほしくないと願っていても、
本人は必ずしもそうでない場合もある。


本人は、早く命を終わらせたいと思っているかもしれない。


痛かったり、苦しかったりという肉体的苦しみから解放されたいと
考えてのこともあるだろう。

または、家族が自分の看病に巻き込まれて、
家族自身に悪い影響がでたり。

それなら、いっそ自分が居なくなったほうがいいのでは・・・と
思ってのこともあるだろう。

どんな姿であれ、行き続けることが全てにおいてベストでは
ないんだなぁ・・・

という事を、この映画を観て感じた。


彼女は、早く命を終わらせたいのに、
家族はそうは思ってない。

何が何でも、どうにかして生きて欲しいと願っている。
でもそれって、一方的な価値観の押し付けかもしれないんだ。

そういう彼女と家族とのギャップがすごく切なかった。

もし私がその場面に直面したとしたら、
このままでも生きつづけたいか
このままなら、いっそ命を終わらせたいのか
本人に確認してみよう、と思った。

そして、本人の望む形を尊重できるように、
大切に時間を過ごしたいと思う。


そこで命が終わってしまったとしても、
家族や恋人は、悲しさのあまり、
自分自身の人生を悲しさだけで染めてしまい、
覆い隠してしまう人もいるだろう。

命をおわらせた当の本人は、ずっと自分のために
悲しんでいて欲しいなんて事は
これっぽっちも望んでいないはず。

きっと自分の分まで幸せになってほしいと願っていると思う。

肉体としての人生が終わったとしても、
魂になれば、もっと自由に、そばに居てくれるはず。
苦しいままで不自由しているよりは、かえってその方が
いいのかもしれない。


だから、命が終わることは、そんなに悲しいことじゃない。


私の絵も、そういうメッセージを込めているつもり。


命が終わったとしても、肉体は土に還って、
自然と一体化する幸せに巡りあえるんだと思う。
そして自然や緑の養分になって、地球と一体化できる。

だから、きっと悲しくなんてないんだよ。

生きている日々も常に小さな幸せを感じながら過ごし、
そして、命が終わったとしても、
自然と一体化して生きれる喜びがきっと待っている。


そういうメッセージを込めた作品、
少しでも多くの人に伝わるといいな。
大人になったねえ、あいぼ(T_T)

色んな映画観て、作品のスパイスになればいいさ☆

「ココ・シャネル」なんか生き方に影響ありそうだよね(笑)

また行こうぜ!
初コメント、ありがとう!
そうだねぇ〜私もあの頃に比べたら本当に大人になったわねぇ・・・。
やっぱり映画は観た後に何か考えさせられる深みをもったものが勉強になるからいいよね。
いい映画だったね。
またいい映画あったら誘ってね!
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://momoiroenogu.dtiblog.com/tb.php/80-8b26377d

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog